2015年2月13日金曜日

鹿島神宮の神の使いの鹿



茨城県鹿嶋市にある鹿島神宮の境内の鹿園の鹿の皆さんである。

境内には鹿園があり、神使(神の使い)の30数頭の日本鹿(ニホンジカ)が飼育されているのである。

ニホンジカは学名がCervus nipponで、アムールからベトナムに及ぶ東アジア沿岸部及び日本列島に分布するシカの一種で、和名および学名の双方に「ニホン」「nippon」とついているが日本固有種ではないつーことである。

しかし、アムールっていったいどこなんだ?

ロシアのアムール川流域なのかアムール州なのかわからんが、まあ、いあずれにしても出典がウィキなので、国名のベトナムと地域名がいっしょくたになってるのはご愛嬌である。

古事記によると、天照大神の命をタケミカヅチに伝えたのは天迦久神(あめのかくのかみ)とされ、この「カク」は「鹿児(かこ)」すなわち鹿に由来する神とされるてなことに基づき、鹿島神宮では鹿を使いとするつーことである。

また、鹿島神宮の社名が「香島」から「鹿島」に変化したことについても、神使の鹿に由来するといわれる

さらに、春日大社の創建に際しては、神護景雲元年(767年)に白い神鹿の背に分霊を乗せ多くの鹿さんを引き連れて出発し、1年かけて奈良まで行ったと伝えられており、その連れて行かれた鹿さんの子孫が奈良の鹿さん達であるつーことである。

ことほどさようにこの鹿園の鹿さんは由緒正しい鹿さんであるのであるが、動画冒頭では餌の取り合いでケンカしてる鹿さんもおられるのである。

まあ、神の使いの鹿といえども、飯を食ってナンボであるので、もめごとは絶えないわけであるが、できれば神の使いらしくマナー良く「どうぞどうぞ」と譲り合っていただきたいもんである。

動物・ペットランキング
にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ  人気ブログランキングへ

2014年11月12日水曜日

カオタキアップ寺(タイ・ホアヒン)の猿



タイのホアヒンのカオタキアップ寺の門前町の周囲には、野生のサルが集団で路上生活をなされているのである。

餌付けをしていないので、参拝者や観光客がいても、日本の観光地のサルのように近寄って来て観光客の食い物を奪うなんでことはないのである。

野生の猿や動物にやたらと餌付けをすることは大変よろしくないということがよーくわかる事例であるのである。

そうはいっても、あたしはタイにご来駕なさるにあたって狂犬病予防のワクチンを摂取してきたわけではないので、タイで猿に噛まれた場合には、すぐ病院にいってセンセーに狂犬病対策のお注射を売ってもらわなければならないのでめんどくさいことになるのである。

だから、お猿軍団をできるだけ刺激しないように、そーっとロケを敢行したのである。

ホアヒンはまだ日本には知られていないのか、日本人に会うことはほどんどなくて、この寺でもタイ人の参拝客に混じって欧米人の観光客にちらほらお会いするのみであるのである。

マナー最悪で世界の観光地を賑わすちゅーごくの皆さんもおられないので、雰囲気は淡々として落ち着いたおもむきであるのである。

猿は人間のアホ並みの知力を持ち合わせているわけであるが、まあ、たとえば、おべいこくのライスさんやえーこくのホーキング博士てな天才とあたしのIQの差をみると、彼らからはあたしなんかは限りなく猿に見えるわけである。

まあ、天才には天才の人生があり、あたしみたいな限りなく猿に近いものには人生ならぬ猿人生があるわけであるので、あたしもこの猿の皆さんの行動をしっかりと学んで、今後の猿人生の糧といたしたいわけである。

何につけても、ものごとは考え方次第であるので、天才に生まれなかったお気楽な猿人生をことを寿ぎ、神仏に感謝して、猿にも感謝して、さてさて、これで尺は埋まったのかどーなので、プレビューを見てみるわけである。

ううむ、いまひとつとれ高が不足してるような気もするが、猿についてたいして興味もないので、薀蓄もさらなる高みに登ることは不可能で、てきとーに、ほれ、なんだ、あの、だめだろこれは。

こんないいかげんなブログ、誰が見るんだ。

動物・ペットランキング
にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ  人気ブログランキングへ

2014年10月5日日曜日

高尾山のサル園



高尾山のサル園である。

ロケの最中に隣でサル園の係のおじさんが、暇なのかなんなのかご家族連れのおとーさんに延々とサル園と猿の一口知識を解説なされているのである。

サル山にはお猿さんがひなたぼっこをしてるのであるが、100円で売ってる餌を買って投げると、大人の猿が小猿を追い払って独り占めするのである。

まあ、まさに人間社会をそのまま写して、弱肉強食がこの世の習いであるなあつーことを清々しく感じられる光景であるのである。

つーことで、高尾山には何度かお登りになったのであるが、ハイキングコースの途中にこのさる園にはお寄りになったことがなかったので、ネタも尽きたところでお寄りになってみたのである。


入り口の看板には「サル園⦿野草園」となっているのであるが、さすがに野草にはまったく興味がないので、食いつく予定はまったくないのである。

これって誰も入らんだろうと思っていたのであるが、これが案に相違して、お子さん連れはもとよりおにーさんとおねーさんのカップルも何が楽しみなのかご入園なさっているのである。

平日でもちらほらそれなりの人数がいるので、土日休日にはけっこうな入園者で賑わうのは想像できるが、ううむ、なんだな、ここの従業員さんは、毎朝、この高尾山の上のサル園にご出勤なさって、猿に餌をやったりサル山の掃除をしてり、チケット売り場を開けたり、土産物屋の商品にハタキをかけたりして、あたしの知らないところで皆さん営々と人生を営んでいらっしゃるのであるということをしみじみと感じながらチケットをおねーさんに渡してあたしもご入園なさったのである。


それで、入り口を入るとサル園の前には「さる園」という看板があるのである。

これでは「サル園」なのか「さる園」なのかわからんのであるが、そんなことにこだわる客はいいないのは言うまでもないことであるのである。

まあ、こんなとこだ。

動物・ペットランキング
にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ  人気ブログランキングへ